日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

YOMEちゃん流 おもてなしカフェメニュー

9月2018年・秋メニュー

鮭と栗の和風麻婆豆腐

鮭と栗の和風麻婆豆腐

みじん切りの長ねぎ・にんにく・しょうがをごま油で炒め、本みりん・料理酒・鶏がらスープの素・柚子胡椒などをあわせます。鮭・栗の甘露煮・絹ごし豆腐を共に煮て、最後に糸三つ葉を添えます。色合いの優しい秋の麻婆豆腐です。

  • 調理時間
    15分

素材・分量

4人分

生鮭(切り身)
3切れ
絹ごし豆腐
1丁(300g)
長ねぎ
1/2本
しょうが
1かけ
にんにく
1かけ
栗の甘露煮
12個
片栗粉
大さじ1
ごま油
大さじ1
水溶き片栗粉
片栗粉・水 各大さじ1
柚子胡椒
小さじ1
A)水
600cc
A)しょうゆ
大さじ1
A)日の出国産米本みりん
小さじ2
A)日の出国産米純米料理酒
小さじ2
A)鶏がらスープの素
小さじ2
糸三つ葉
(葉の部分)適量

作り方

  1. 生鮭は1切れを4等分にし、表面に片栗粉をまぶす。豆腐はキッチンペーパーに包み、電子レンジ(600W)で3分加熱、水切りして粗熱が取れたら一口大に切る。しょうがは皮をむき、長ねぎ・にんにくと共にみじん切り。栗の甘露煮は半分に切る。Aはあわせておく。
  2. フライパンにごま油・長ねぎ・しょうが・にんにくをあわせて弱火にかけ、よい香りがしてきたら鮭・栗の甘露煮・Aをあわせる。
  3. 2の鮭に火が通ったら豆腐・柚子胡椒をあわせて温め、仕上げに水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。
  4. 器に3を盛りつけ、糸三つ葉を添える。

9月2018年・秋メニュー

バックナンバー