日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

YOMEちゃん流 おもてなしカフェメニュー

9月2017年・秋メニュー

鮭ときのこの甘辛ごまピラフ

鮭ときのこの甘辛ごまピラフ

炊飯器に、洗った米・みじん切りの玉ねぎ・しめじ・2cmに切った生鮭・日の出 昔ながらの純米本みりん・日の出 純米料理酒・ごま油・しょうゆ・白すりごまをあわせて炊きます。きのこ・鮭の旨味と日の出 昔ながらの純米本みりんの甘味がごはんによく合います。日の出 昔ながらの純米本みりんと溶き卵をあわせて作る炒り卵をのせても。

  • 調理時間
    20分(炊飯時間は除く)

素材・分量

4人分

2合
生鮭(切り身)
1切れ
玉ねぎ
1/4個
しめじ
1/2袋(50g)
白すりごま
大さじ1
A)日の出 昔ながらの純米本みりん
大さじ2
A)日の出 純米料理酒・しょうゆ
各大さじ1
A)ごま油
小さじ2

*ごま入り炒り卵*

2個
白炒りごま
大さじ2
日の出 昔ながらの純米本みりん
大さじ2
ごま油
小さじ1
青ねぎ
(小口切り)適量

作り方

  1. 米は洗って水気を切っておく。生鮭は皮と骨を除いて2cmに切る。玉ねぎはみじん切り。しめじは石突きを除いて粗いみじん切り。
  2. 炊飯器に米・Aをあわせ、2合の目盛りまで水(適量:分量外)を加え、米の上に生鮭・玉ねぎ・しめじ・白すりごまをのせて炊飯スイッチを押す。
  3. ボウルに卵を割りほぐし、白炒りごま・日の出 昔ながらの純米本みりんを加えて混ぜる。ごま油を入れて熱したフライパンに流し入れ、やわらかい炒り卵を作る。(ごま入り炒り卵)
  4. 炊き上がった2を器に盛りつけ、その上に3のごま入り炒り卵をのせて青ねぎを散らす。

9月2017年・秋メニュー

バックナンバー