日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

今月のメニュー

5月旬の魚介とフルーツでつくる洋風メニュー

鰆(さわら)のオーブン焼き シトラスソースかけ

鰆(さわら)のオーブン焼き シトラスソースかけ

春が旬の鰆は身が厚く、味も淡泊なので、タイムで香りをつけ、オーブンで焼き上げます。
柑橘の温かいソースは淡泊な鰆によく合います。

  • エネルギー
    244kcal
  • 調理時間
    30分
※エネルギーは1人分です。

素材・分量

4人分

80g×4切れ
日の出 国産米純米料理酒
小さじ4
塩・白こしょう
各少々
日の出 昔ながらの純米本みりん
小さじ2
タイム(長さ半分)
2本
A)グレープフルーツ
1個
A)オレンジ
1個
A)日の出 国産米純米料理酒
大さじ1
A)日の出 昔ながらの純米本みりん
大さじ1
A)コンソメ(顆粒)
小さじ1/2
粒マスタード
小さじ1
バター
10g
塩・白こしょう
各少々
プチトマト
16個

下準備

  • 鰆は純米料理酒(小さじ4)をふりかけ10分置き、ペーパーで余分な水気を除いておく。
  • グレープフルーツとオレンジは皮と薄皮を除き、それぞれ4切れずつ取っておく(つけ合わせ用)。
  • オーブンに予熱を入れておく(180℃)。

作り方

  1. フライパンにAを入れ、グレープフルーツ・オレンジを軽くつぶしながらひと煮立ちさせる(中火)。
  2. 粒マスタード・バターを加え、フライパンを揺らしながら、バターを溶かす(弱火)。
  3. 塩・白こしょうで味をととのえる(シトラスソース)。
  4. 天板にクッキングシートを敷き、鰆を並べ、まわりにヘタを除いたプチトマトをのせる。
  5. 鰆に塩・白こしょうをふり、純米本みりんを表面全体に塗り、タイムを1本ずつのせる。
  6. オーブンで焼く(180℃15分~)。
  7. 器に盛り付け、つけ合わせ用のグレープフルーツ・オレンジを飾り、シトラスソースをまわしかける。

ポイント

  • 鰆に純米料理酒をふりかけて臭みを除き、風味をつけます。オーブンで焼く際に、純米本みりんを塗ることで、焼いている際に鰆の乾燥を防ぎ、甘味をつけ、香ばしく焼き上げます。

5月旬の魚介とフルーツでつくる洋風メニュー

バックナンバー