日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

今月のメニュー

10月お酒がすすむ、和食のおかず

サーモンとじゃが芋のバター醤油焼き

サーモンとじゃが芋のバター醤油焼き

日の出 国産米純米料理酒で臭みを除いたサーモントラウトをバターで焼き上げます。
国産米純米料理酒で風味、日の出 昔ながらの本みりんで甘みを加えたしょうゆに、だし昆布を漬け込んだ旨みしょうゆで味付けした日本酒によく合う一品です。

  • エネルギー
    181kcal
  • 調理時間
    約20分
※エネルギーは1人分です。

素材・分量

4人分

サーモントラウト(皮なし)
280g
日の出 国産米純米料理酒
小さじ4
少々
白こしょう
少々
薄力粉
大さじ1
じゃが芋
1個(約160g)
バター
10g
A)日の出 国産米純米料理酒
小さじ1
A)日の出 昔ながらの本みりん
小さじ1
A)しょうゆ
小さじ1
A)だし昆布
2g
さやいんげん
4本
白炒りごま
適量

下準備

  • サーモントラウトはひと口大に切り、バットに入れて料理酒をふりかけ、なじませる(約10分)。ペーパーで水気を除き、塩・白こしょうで下味をつけておく。
  • じゃが芋はラップで包み、電子レンジで加熱する(500W約4分)。皮を除き、8等分の半月切り。
  • ボウルにAを入れ、なじませておく(60分~)(旨味じょうゆ)。
  • さやいんげんはヘタを除き、塩少々(材料外)を入れた熱湯(材料外)で下茹でし、斜め3等分に切っておく。

作り方

  1. フライパンにバターを入れて溶かし(弱火)、薄力粉をまぶしたサーモントラウトを入れて焼く(中火)。焼き色がついたら裏返し、じゃが芋を加え、じゃが芋を時々返しながらサーモントラウトに火を通す。
  2. さやいんげんを加え、旨味じょうゆを鍋肌からまわし入れ、サーモントラウトとじゃが芋にからませる(中火)。
  3. 器にバランスよく盛り付ける。

ポイント

  • 旨みじょうゆはさしみしょうゆとしても美味しくいただけます。
  • サーモントラウト以外に鱈や鶏ささみで代用してもよいでしょう。
  • バターは焦がさないように注意しながら、焼きます。

10月お酒がすすむ、和食のおかず

バックナンバー