日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

今月のメニュー

9月お年寄りやお子様におすすめのサバ缶料理

鯖しそ棒餃子

鯖しそ棒餃子

鯖・キャベツを日の出国産米純米料理酒・日の出昔ながらの純米本みりん・梅肉などで味付けしてたねを作ります。
梅としその香り爽やかな棒餃子です。

  • エネルギー
    198kcal
  • 調理時間
    約30分
※エネルギーは1人分です。

素材・分量

4人分

鯖水煮(缶)
1缶(約200g)
キャベツ(せん切り)
100g
小さじ1/4
A)日の出国産米純米料理酒
大さじ1/2
A)日の出昔ながらの純米本みりん
大さじ1/2
A)梅肉(チューブ)
小さじ1
A)鶏がらスープの素
小さじ1/2
餃子の皮(大判)
12枚
青しそ
12枚
サラダ油
小さじ1/2
B)日の出国産米純米料理酒
大さじ2
B)日の出昔ながらの純米本みりん
大さじ1

下準備

  • キャベツは塩でもんで置き(10分〜)、水気をしぼっておく。
  • 青じそは軸を除いておく。

作り方

  1. ボウルに水気を切った鯖・キャベツ・Aを入れ、よく混ぜる。
  2. 餃子の皮に青じそを広げて1.をのせ、皮のまわりに水を塗って両側から折りたたむ。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、とじめを上にして2.を並べて焼く(強火約2分)。
  4. 焼き色がついたらBを加えてフタをし、蒸し焼きにする(弱火約2分)。
  5. フタを取って水気を飛ばす。

ポイント

  • 蒸し焼きの水分を日の出国産米純米料理酒・日の出昔ながらの純米本みりんにすることで、甘味や旨味が引き立ち、パリパリした食感も出ます。
  • みりんが焦げやすいので、焼きすぎに注意しましょう。
  • 日の出昔ながらの純米本みりんのかわりに、日の出稲美町産純米本みりんでも美味しく作れます。

9月お年寄りやお子様におすすめのサバ缶料理

バックナンバー