日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

今月のメニュー

9月お年寄りやお子様におすすめのサバ缶料理

鯖の竜田揚げおにぎらず

鯖の竜田揚げおにぎらず

日の出国産米純米料理酒・日の出昔ながらの純米本みりん・しょうゆで味付けした鯖缶の竜田揚げ、日の出国産米純米料理酒で蒸したブロッコリーで作る、ボリュームたっぷりのおにぎらずです。

  • エネルギー
    381kcal
  • 調理時間
    約30分
※エネルギーは1人分です。

素材・分量

4人分

鯖水煮(缶)
1缶(約200g)
A)日の出国産米純米料理酒
大さじ1
A)日の出昔ながらの純米本みりん
大さじ1
A)しょうゆ
大さじ1
片栗粉
大さじ1
揚げ油
適量
茹で卵
2個
めんつゆ(3倍濃縮)
大さじ3
ブロッコリー(小房)
80g
少々
日の出国産米純米料理酒
大さじ1
焼き海苔
4枚
ごはん
400g

下準備

  • 鯖の水気を切って大きさをそろえて切り、Aで下味をつけておく。
  • ビニール袋に茹で卵・めんつゆを入れ、空気を抜いて漬け込む(冷蔵庫60分〜)(味卵)。

作り方

  1. 鯖の水気を除いて片栗粉をまぶし、180℃の揚げ油で揚げる(2分〜)。
  2. ブロッコリーを塩でもんで耐熱容器に入れ、料理酒をふりかけて電子レンジで加熱する(500W約2分)。
  3. 味卵を縦半分に切る。
  4. ラップに焼き海苔(1枚)をのせてごはん(50g)を広げてのせ、1.2.3.の1/4量・ごはん(50g)の順にのせる。
  5. 焼き海苔で包んでラップを包み、なじませる(5分〜)。残りも同様に作る。
  6. 半分に切り、器に盛り付ける。

ポイント

  • 温かい茹で卵を冷たいめんつゆに入れて冷やすことで、味の染み込みが早くなります。
  • なじませたおにぎらずはラップごと切るときれいな断面が出ます。
  • 日の出昔ながらの純米本みりんのかわりに、日の出稲美町産純米本みりんでも美味しく作れます。

9月お年寄りやお子様におすすめのサバ缶料理

バックナンバー