日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

今月のメニュー

5月旬の鯵をおいしく!

鯵の南蛮漬け

鯵の南蛮漬け

鯵を揚げて日の出国産米純米料理酒・日の出 昔ながらの純米本みりん・日の出 酢・日の出 新味料を使用して作った南蛮酢に漬け込み、鯵の南蛮漬けを作ります。カラフルなパプリカやセロリなども加え、食感もよい、華やかな色合いに仕上げます。

  • エネルギー
    283kcal
  • 調理時間
    約20分

素材・分量

4人分

鯵(三枚におろした切り身)
4尾分
小さじ1/8
片栗粉
大さじ1
揚げ油
適量
A)日の出 昔ながらの純米本みりん
50cc
A)日の出国産米純米料理酒
大さじ2
B)日の出 新味料(醇良)
大さじ1
B)日の出 米酢
50cc
B)赤唐辛子(輪切り)
12切れ
B)しょうが(せん切り)
10g
B)塩
小さじ1/2
C)セロリ
60g
C)黄パプリカ
40g
C)ピーマン
1個
C)レモン(いちょう切り)
1/4個分

下準備

  • 鯵は塩を身の両面にふり5分おく→水分をペーパーでおさえておく。
  • セロリは筋を除き、斜め薄切り。葉は幅1〜2cm位に切っておく。
  • 黄パプリカはヘタと種を除き、繊維に逆らった薄切り。
  • ピーマンは輪切りにし、種とヘタを除いておく。

作り方

  1. 鍋にAを入れメープルシロップ位の色になるまで煮詰める。
  2. Bを加え、ひと煮立ちさせる(南蛮酢)。
  3. 鯵に片栗粉をつけ、170℃の油で揚げ、バットに取り出し油を切る(2分〜)。
  4. 南蛮酢にCを入れ、鯵をからめてなじませる。
  5. 器に彩りよく盛り付ける。

ポイント

  • みりんは煮詰めることで、甘さやコクが増し、南蛮酢に深みが加わります。

5月旬の鯵をおいしく!

バックナンバー