日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

今月のメニュー

5月旬の鯵をおいしく!

冷たいかつおだしでいただく鯵の揚げつくね

冷たいかつおだしでいただく鯵の揚げつくね

おろした鯵をたたいてすり身にし、丸めて揚げてつくねを作ります。味は日の出国産米純米料理酒・日の出 昔ながらの純米本みりんを加え、臭みを抑え、風味よく仕上げます。冷たいかつおだしで、さっぱりといただきます。

  • エネルギー
    288kcal
  • 調理時間
    約20分

素材・分量

4人分

鯵(三枚におろした切り身)
4尾分
小さじ1/8
A)塩
小さじ1/4
A)しょうが(みじん切り)
10g
A)白ねぎ(みじん切り)
40g
A)日の出国産米純米料理酒
小さじ2
A)日の出 昔ながらの純米本みりん
小さじ2
A)片栗粉
大さじ2
揚げ油
適量
500cc
削りがつお
30g
B)日の出国産米純米料理酒
小さじ1
B)日の出 昔ながらの純米本みりん
小さじ1
B)うすくちしょうゆ
小さじ1
B)塩
小さじ1/8
みょうが
1個
青じそ
4枚

下準備

  • 鯵は塩を身の両面にふり5分おく→水分をペーパーでおさえておく。
  • みょうがは縦半分に切り、斜め薄切りにし、水にさらしてアクを除き、水気を切っておく。
  • 青じそはせん切りにし、水にさらしてアクを除き、水気を切っておく。

作り方

〜鯵の揚げつくね〜

  1. 鯵はスプーンで皮からはずす。
  2. 包丁で粘りが出るまでたたく。
  3. 2.をボウルに移し、Aを合わせてなじむまで混ぜ、8等分にする。
  4. 170℃の油で色よく揚げ、バットに取り出し油を切る(2分〜)。

〜かつおだし〜

  1. 鍋に分量の水を入れフタをして強火で沸騰させる→削りがつおを加え、弱火で1〜2分加熱(アクが出たら除く)→静かにこす。bを加えて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やしておく(かつおだし)。

〜盛り付け〜

  1. 器にかつおだしを注ぎ、鯵の揚げつくねを入れ、みょうが、青じそを飾る。

ポイント

  • 鯵は粘りがでるまで、しっかりたたくと、成形しやすくなります。

5月旬の鯵をおいしく!

バックナンバー