日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

今月のメニュー

11月本みりんのおいしさが際立つ 和食の大皿料理

手羽元とじゃが芋のみそ煮

手羽元とじゃが芋のみそ煮

手羽元とじゃが芋をこっくりと煮上げた、ごはんにぴったりの一品です。
日の出 昔ながらの純米本みりんを使用し、濃厚に仕上げます。

  • エネルギー
    340kcal
  • 調理時間
    約40分

素材・分量

4人分

鶏手羽元
8本
塩・黒こしょう
各少々
じゃが芋
360g
サラダ油
小さじ1
A)だし汁
300cc
A)日の出 昔ながらの純米本みりん
大さじ3
A)日の出 国産米純米料理酒
大さじ2
合わせみそ
大さじ2
4個
七味唐辛子
適量

下準備

  • 鶏手羽元は塩・黒こしょうで下味をつけておく。
  • じゃが芋は皮・芽を除き、大きめのひと口大に切り、面取りしておく。
  • 卵は塩少々(分量外)を入れた水から茹で(沸騰後 約6分)、茹で卵を作って冷水に取り、粗熱を取って殻をむいておく(茹で卵)。

作り方

  1. 鍋にサラダ油を熱し、鶏手羽元を入れ、全面に焼き色をつける(強火)。
  2. じゃが芋を加え、炒め合わせる(強火 約30秒)。
  3. Aを加え加熱し、沸騰したらアクを除いて弱火にし、落としブタをして煮る(約10分)。
  4. 合わせみそを溶き入れ、煮る(弱火 約10分)。
  5. 落としブタを除いて煮詰め、煮からめる。
  6. 茹で卵を加え、からめる。
  7. 器に手羽元・じゃが芋を盛り付け、茹で卵を半分に切って飾り、七味唐辛子をふる。

ポイント

  • 日の出 国産米純米料理酒を使用し、肉の臭味を除きます。

11月本みりんのおいしさが際立つ 和食の大皿料理

バックナンバー