日の出と共に迎える「世界一の朝食」プロジェクト キング醸造株式会社 Kobe Kitano hotel 山口浩シェフ

日の出と共に迎える「世界一の朝食」プロジェクト キング醸造株式会社 Kobe Kitano hotel 山口浩シェフ

日の出とともに迎える
世界一の朝食

キング醸造が、世界一とも称される朝食で名高い〈神戸北野ホテル〉山口浩シェフとタイアップ!
「キング醸造が販売する日の出の調味料を使って、もっと新しい料理提案を」をコンセプトに、年4回、山口浩シェフ考案の
オリジナルレシピをWEBで公開。あわせて神戸北野ホテルでの料理講習会を開催します。日の出の調味料とフレンチの出会いで、
どのような新しい料理が生まれるのか。どうぞご期待ください。

※当プロジェクトのメニューは、神戸北野ホテル山口浩シェフが新たに提案する朝食です。

撮影場所:神戸北野ホテル厨房

撮影場所:神戸北野ホテル厨房

神戸北野ホテル 世界一の朝食とは…

スモール・ラグジュアリー・ホテルの協会より「世界一」と賞賛された朝食メニューを作るフランス料理界の重鎮、ベルナール・ロワゾー氏から受け継いだヨーロピアンスタイルの朝食。ロワゾー氏は、神戸北野ホテル山口浩シェフの師匠であったことから、当ホテルのオープンにあたり、この世界一の朝食を公式に贈呈。そこから独自の進化を遂げ、他では味わえない唯一無二の朝食として高い人気を誇っています。

神戸北野ホテル 総支配人・総料理長 山口浩

神戸北野ホテル 総支配人・総料理長
山口浩

大阪のホテルで修行後、渡仏。いくつものレストランを経て、21世紀の扉を開くと絶賛される「ラ・コート・ドール(現「ルレ・ベルナール・ロワゾー」)」に勤める。総料理長ベルナール・ロワゾー氏のもと、フランス料理界に新風を巻き起こした『水のフレンチ』を学ぶ。その後、「ラ・コート・ドール神戸」開業にあたり帰国、日本人のシェフを務める。2000年より神戸北野ホテル総支配人・総料理長として企画運営全般に携わる。世界一と謳われるロワゾー氏の朝食メニューを提供することを許され、注目を集める。2008年、神戸マイスター認定。

国産米本みりん

もち米(国産)で仕込む伝統的な製法で作りあげたアルコール分13.5 度以上14.5 度未満の本みりん(酒税対象品)です。約1~2 ヶ月間の熟成によるまろやかな甘み、重厚な香り、美しい琥珀色が特徴です。エキス分を45%以上含みますので、お料理にまろやかな甘み、豊かなてりつやをつけます。アルコールにより肉や魚の臭みを消し風味よく仕上げます。

商品詳細ページはこちら

商品詳細ページはこちら

国産米純米料理酒

100% 国産の米と米こうじのみを使用し加塩発酵したこだわりの純米料理酒です。料理専用に加塩発酵することでコクや旨み効果を高めています。アルコールや有機酸により肉や魚の臭みを消し風味よく仕上げます。

商品詳細ページはこちら

商品詳細ページはこちら

ページトップ