日の出みりんは、21世紀の「味のパイオニア」として、食を豊かにする「調味料」、食を楽しむ「清酒」造りに努力を続けてまいります。

日の出みりん

採用情報

採用Q&A

Q採用方法について教えてください。

A当社の採用方法については、「採用の流れ」のページをご覧下さい。
※詳細についてはお気軽にお問い合せ下さい。

Q個人の資格取得を支援する制度はありますか?

A社員の自己啓発を奨励する自己啓発奨励規程に基づき、会社が奨励している資格の取得時には、受験料・交通費・資格の難易度に応じて奨励一時金が支給されます。(例:TOEIC、簿記検定、MOUS検定、利き酒師等)

Q採用に際し、有利な学部・学科、また不利な学部・学科はありますか?

A採用に際して、学部・学科の有利・不利はありません。これまで大学で学んできたものを生かしていくことは大事ですが、入社してから学ぶことはもっとたくさんあると考えています。

Q配属はどのようにして決まるのでしょうか?

A配属は『本人の希望』や『適性』、『職場ニーズ』などから決定します。入社の際は総合職としての採用となりますので、文科系だから営業職、理科系だから技術職という配属には必ずしもなりません。選考の面接でも各人の希望や能力を把握し、配属決定における重要な情報としていますが、入社後の集合研修や仮配属先でのOJT研修を通じて、それぞれの適性を把握し、最終的に決定します。各部門からのニーズもあり、本人の希望を最優先することはないですが、現状は本人の希望と各部門のニーズがマッチした配属になっています。自分のやりたい仕事をしっかりと伝えてもらうことが大切です。

Q職場の異動はどの程度行われているのでしょうか?

A職場の異動は、各部門の状況や事業環境などによって様々なケースが考えられます。また頻度や経緯についても個人毎に異なります。当社では年に1回、自己申告書という形で自分のキャリア形成や異動などに関する希望について役員に直接申告できる仕組みがあります。

Q海外勤務の機会はどの程度あるのでしょうか?

A海外勤務については、シンガポールとマレーシアの現地法人に当社の社員が赴任しており、それぞれ中核社員として活躍しています。海外勤務については事業の状況や本人の希望や適性を判断し、決定します。

Q社員の評価はどのように行われるのでしょうか?

A当社では実力主義型の人事制度を取り入れており、昇級や賞与には個人差があります。社員個人の評価は、各個人が設定した目標(年に2回、目標設定を行う社長・役員面接があります)の達成度と普段の業務に対する姿勢などにより決まります。目標の達成度については、まず個人が評価し、その後上司が評価することで決まります。それぞれの考えや評価に開きがある場合には話し合いを行い、調整していきます。このような評価制度のもとで社員が常に向上心を持って仕事に当たっています。

Q育児や子育てを支援する制度はありますか?

A産前6週間、産後8週間の産前産後休暇があります。また、育児休業も申請できます。3回育児休業を申請し、3回復帰し働いている女性社員もいます。