尾頭つき魚を、盛り付ける決まりは? 
尾頭つきの魚は、頭が左で腹が手前になるようにし、泳いでいるときのように頭は尾よりも
やや下を向いているように盛り付ける。
あしらいや添え物は、魚の手前に盛るのが正式です。このとき上になる面が魚の表側。
そこで、内臓をとる時は、盛り付けたとき見えないように裏側の腹に切り込みを入れます。
ただ、カレイだけは反対で、頭が右にくるようにします。

頭は左、尾は右、添え物は手前に盛ります

頭は右、尾は左