煮汁の量が決まらず、味が魚に馴染まないのは?
煮汁の量はひたひたぐらいが原則です。
魚が泳ぐほど量が多いとかえって美味しく煮えないばかりか、調味料が無駄になります。
少なめの煮汁で味をまんべんなくつけるには落とし蓋をすると煮汁が魚の表面にも
回って味が全体に馴染み、煮汁も程よく煮つまって美味しく出来あがります。

ひたひたの煮汁で落しぶたをして煮ます。